ご来院の方へのお願い

発熱・かぜ症状のある患者さまへ

37.0度以上の発熱、せき等のかぜ症状のある患者さまは、ご来院前にお電話(0533-68-1115をお願いいたします。
また、院内感染防止のため、感染症疾患の疑いがある患者さまの診療は、午前11時以降とさせていただきます。
午後の受診を希望される場合は、お電話(0533-68-1115)にてお問い合わせください。

感染拡大防止のためのお願い

当院では、現在、外来受診の患者さま全員に、検温(おでこ)を実施しております。
感染症疾患の疑いがある患者さまは、診療までの時間をお車等でお待ちいただき、順番が来たらお呼び出しいたします。

来院されるすべての方に、マスクの着用、院内玄関のアルコール消毒剤による手指消毒のご協力をお願いしております。

基本的に、お薬の処方のみは受け付けておりません。
心配な方はお電話(0533-68-1115)にてお問い合わせください。

医院からのお知らせ

求人募集

透析看護師(常勤)、外来看護師(常勤・パート)を募集しています。
詳細は採用情報をご覧ください。

病院案内

蒲郡クリニックは、内科外来診療と人工透析を中心としたクリニックです。
2017年2月20日より300m南の三谷町須田に新築移転いたしました。

総合内科専門医、腎臓学会指導医による総合内科と腎臓内科の診察を中心に、専門外来として、豊橋ハートセンター 循環器内科の専門医師、藤田保健衛生大学 糖尿病や内分泌(甲状腺など)の専門医師などによる診察を行っています。

一般的な風邪や体調不良の症状から、生活習慣病など慢性的な病気の管理まで、また、なかなか改善しない症状がある場合や何科に行ったらよいかわからない場合も、お気軽にご相談下さい。

蒲郡クリニック

TEL : 0533-68-1115

〒443-0021 蒲郡市三谷町須田10-2
FAX : 0533-68-7003

診療科目
総合内科・腎臓内科・糖尿病・内分泌内科(糖尿病・甲状腺外来)・循環器内科・胃内視鏡検査・人工透析
Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他

診療案内

総合内科・腎臓内科

風邪や生活習慣病などの慢性疾患など、一般的な内科診療。
腎臓内科では健診での尿異常検査、慢性腎炎や慢性腎臓病、腎不全、ネフローゼ症候群などの診断・治療を行っています。

診療時間 医師
9:00~12:00 村上医師
井野医師
仲野医師
15:00~18:00 村上医師
井野医師
仲野医師

糖尿病・内分泌内科(糖尿病・甲状腺外来)

糖尿病や甲状腺疾患(バセドウ病・橋本病)の診断・治療を行います。インスリン療法(注射)なども。藤田保健衛生大学病院の専門の医師による診察です。

診療時間 医師
9:00~12:00 山本医師
中島医師
15:00~18:00 山本医師
中島医師

内視鏡外来(胃内視鏡検査

胃カメラは予約制にて、実施しております。

診療時間 医師
9:00~12:00 石塚医師(予約制)
林医師(予約制)

循環器内科

毎週水曜の午前・午後に行っています。

診療時間 医師
9:00~12:00 竹村医師
15:00~18:00

人工透析

透析ベッドを55床に増床。一般的な血液透析はもちろん、腹膜透析(CAPD)、オンラインHDFなどを行っています。

腎臓病相談/腎臓病教室のお知らせ

  • 腎臓の機能が悪いと言われた。採血でクレアチニン値が高い。どうしたらよいか?
  • 腎不全と診断された。透析療法が必要か悩んでいる。
  • 蛋白尿、血尿が出た。腎生検を受けなければいけない?

そんなお悩みに、日本腎臓学会 専門医・指導医の医師が丁寧にお答えいたします。
ご希望の方は、診療時間内に受付にお電話いただき、ご希望の日時をご予約ください。

日時
ご都合にあわせて随時行います。
時間
30分程度
場所
蒲郡クリニック 会議室など
費用
無料

蒲郡クリニックの特徴

複数の常勤医師による外来診療

総合内科は、2名の常勤医師による診察です。
少ない待ち時間で、一人ひとりの患者さんに十分な診察時間を確保しています。

専門医による専門外来

豊橋ハートセンターから循環器の専門医、
大学病院から 糖尿病専門医、内分泌専門医が来院し、
専門外来を行っています。
消化器内科専門医による内視鏡検査、
血管外科によるシャント手術も実施。

外来で透析導入が可能

外来での透析導入を行っています。
お仕事中の方や、高齢で入院が難しい方にも、
安心して透析をはじめていただけます。

医院からのお知らせ

2020.09.15
朝晩は秋の気配が感じられるようになりました。今は、ブタクサ・ヨモギの花粉がピークですが、今年はマスク効果で、症状を感じにくくなっているかもしれません。もしも長引く喉の痛み、咳、鼻水があれば、ご相談ください。
2020.08.21
連日の記録的な猛暑と熱帯夜のため、夏バテ気味の患者さんが増えています。疲労感が残りがちですが、徐々に悪化したり、続いたりする疲労感、体重減少を伴う疲労感は、病気のサインかもしれません。早めにご相談ください。